January 8

中国語の未来

Most Common Languages in the world_featured image

英シンクタンクの「経済経営研究センター(CEBR)」は、中国が当初予測よりも5年早い2028年までに、アメリカを抜いて世界最大の経済大国になると報告しています。

このような状況において、世界中で最も広く使われている言語のひとつである、中国語の重要性はさらに増しています。

中国は世界で最も人口の多い国のひとつであり、世界の人口の約20%を占める約12億人が中国語を使用しています。つまり世界中の5人に1人が中国語で会話しています。

また中国語は中国本土のみならず、台湾の公用語であり、シンガポールの公用語のひとつでもあります。

Most Common Languages in the world

出典:
National Geographics

中国語により、13億人もの人々にメッセージを伝えることができます。つまり、貴社の製品やサービス、マーケティング資料、ユーザーインターフェース、ユーザーガイドなどを中国語で伝えることにより、世界最強の購買力を誇る、この巨大な中国市場をターゲットにすることができます。

LINGUA TECHNOLOGIES INTERNATIONAL(日本翻訳連盟法人会員)は、国際都市シンガポールを拠点として25年以上にわたって、トップレベルの中国翻訳サービスを提供しています。日本拠点のリンガ テクノジーズ ジャパンへお気軽にお問い合わせください。


関連記事

中国系インドネシア人

ISO17100認証取得翻訳会社を選ぶ理由

グローバルWebサイトのベストプラクティス

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}