January 26

機械翻訳について

Global Machine Translation Outlook 2021

翻訳業界では、機械翻訳と呼ばれていますが、一般的には自動翻訳とも呼ばれます。
ここで説明する必要がないほど、すでにビジネスや個人的に幅広く使われています。
誰もが馴染みの機械翻訳サービスは、おそらくGOOGLE翻訳のはずです。

機械翻訳の歴史は古く、1990年代にまでさかのぼります。
またResearchAndMarkets.comによると、2025年までの機械翻訳の平均成長率は11.23%と予測されています。

機械翻訳の進化

この数年、AIの進歩により、機械翻訳の精度および進化が加速し、精度が高まり、さまざまな分野で活用されるようになっています。
将来的に人による翻訳は、不要になるのでしょうか?

一方で、世界中の翻訳業界においても、機械翻訳は積極的に活用されています。
機械翻訳の活用を翻訳者に奨励している翻訳会社もあります。

機械翻訳の恩恵を最も受けているのは翻訳者?

いち早く機械翻訳を取り入れ、翻訳の効率および品質を高めている翻訳者もいます。
決して手抜きのためではありません。
機械翻訳は、翻訳者に以下のようなメリットをもたらします。

-  これまで人力で行っていた下訳を機械翻訳で行うことで、大幅に翻訳時間を短縮
-  訳漏れ、数字入力ミス、誤訳を回避
-  機械翻訳により下訳の時間を短縮し、翻訳者として最も重要な作業、つまり「誤りのない、文脈に沿った、読みやすい訳文」に多くの時間と手間をかけることができる
-  翻訳の効率を高めて、大量の翻訳依頼に対処できる

現在、多くの機械翻訳を利用することができますが、以下のような機械翻訳が翻訳者に選ばれています。

GOOGLE翻訳
ReversoTransaltion
DeepL

流れに逆らうことはできない

この流れに逆らうことはできません。機械翻訳により、人による翻訳が不要になるのではと心配するよりも、翻訳業界全体としては、新しい技術に前向きに取り組み、翻訳の品質やコスト削減に活用すべきといえるでしょう。


関連記事

中国系インドネシア人

ISO17100認証取得翻訳会社を選ぶ理由

翻訳メモリ

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}